グッジョブニュース!!
HOME >  グッジョブニュース!! > キックオフ研修(グローカル育成事業3期生)①
2018.08.28の記事

キックオフ研修(グローカル育成事業3期生)①

キックオフ研修

日時 2018年7月22日(日)
 10時~19時(1時間休憩含む)
場所 浦添市立森の子児童センター
ねらい ①アイスブレイク(人間関係づくり)
②沖縄県や浦添市の現状、課題、ビジョンを学ぶ。(☆講師からのミッション発表!)
③グローカルについて考えてみる。みんなに共有してみる。

1 メンバーでアイスブレイク

オリエンテーション以来、顔を合わせていないので、緊張をほぐすため、全員で今の気持ちをA4用紙に今の気持ちを一枚の絵や文書で表現しました。

2 テーマ:「浦添市のビジョンについて~浦添市第四次総合計画を中心に~」

【講師:浦添市 企画部 部長 下地節於 氏】
グローカルとは何か。またリーダーとは何か。について講話して頂きました。
また、沖縄振興開発計画から21世紀ビジョン、これまでの沖縄とこれからの沖縄についてお話して頂きました。浦添市の基本構想についても主権者として、浦添市のまちをどうしていくのか。質疑応答も交え、活発な議論になりました。


■講話内容のポイント
1)グローカルについて
2)沖縄の歴史・背景)
3)浦添とはどんな“まち”?これからの浦添をどう活かす?
4)浦添市の基本構想
5)リーダーになるために大切なこと

3 テーマ:観光振興課の取り組み

【講師:浦添市市民部経済観光局 観光振興課 観光振興係 係長 玉代勢 潤一氏】
(1)講義について
 浦添市の観光振興課の取り組みを中心に講義していただきました。講義の中では、浦添市の現状、抱えている課題やニーズも含めてお話をしていただき、多岐にわたる取組みをご紹介いただきました。浦添市は観光客が滞在するような宿泊施設も少ないことから、「素通りされる街」というのが現状です。また、首里城以前の中山王城として知られる浦添城跡、カーミージエリア等、魅力あるコンテンツがあるにも関わらず、十分に生かされていないということもあり、観光振興課よりミッションが提示され中高生の視点から出来ることを考えていきます。
■講話のポイント
・浦添市の現状
・抱えている課題やニーズ
・浦添市観光振興課の取り組み
・事業について(浦添歴史観光コンテンツ開発業務・MICE商品開発業務)
・浦添観光振興業務(浦添PR業務・修学旅行誘客・ヤクルトファン誘客)


4 テーマ:「アジアに最も近い沖縄アジア経済戦略について」

【講師:沖縄県商工労働部 アジア経済戦略課 副参事 木村 政昌 氏】
沖縄アジア経済戦略の動画(りゅちぇる出演)から、なぜ沖縄は海外展開する必要があるのか。
また、なぜアジアなのか。沖縄の可能性と、グローカルのメンバーが浦添市でできる海外展開について講話を受け、考え、質問をし、自分の考えを発表することを行いました。


■講話内容のポイント
1)なぜ沖縄は海外展開する(必要性)?
2)海外展開の選択肢はなぜアジア(東南アジア)?
3)沖縄の海外展開(可能性)は?
4)浦添市(あなた)ができる海外展開は?
5)アジアの中心にある沖縄についてメンバーが考えたこと

5 テーマ:

【講師:浦添市 福祉健康部 健康づくり課 課長 与那覇純子氏】
(1)講義について
 浦添市の健康づくり課の取り組みを中心に講義していただきました。浦添市の特徴や死亡原因なども教えていただきました。また、国、沖縄県、浦添市の高齢者の人口の推移や人口の7%が高齢化社会と位置づけられ、浦添市においてはあと数年で23%台の超高齢化社会となることが分かりました。
エリクソンの発達課題、マズローの欲求の5段階に基づき、自分を肯定する心の育みやアイデンティティについても学ぶ機会となりました。