グッジョブニュース!!
HOME >  グッジョブニュース!! > キックオフ研修(グローカル育成事業3期生)②
2018.08.29の記事

キックオフ研修(グローカル育成事業3期生)②

キックオフ研修(グローカル育成事業3期生) 

日時 2018年8月8日(水) 10時~15時(1時間休憩含む)
場所 浦添市立森の子児童センター
ねらい ①グローカル講演会 宮里 大八 氏  OKINAWAN DREAMS~笑顔で行動を興すコーディネート活動~
②「観光」「福祉」「商品開発」チームに分かれて企画会議を実施する。

1 講演テーマ: OKINAWAN DREAMS~笑顔で行動を興すコーディネート活動~

【講師:宮里 大八 氏】
コーディネーターのお仕事をずっとしており、行政、企業、民間を繋げるお仕事をしている。5つの「KYO」を大切にしている。5つの「KYO」とは、供給、共感、共鳴、共創、今日」です。また、生き方についてもお話して頂いた。小さい頃は無力感を感じていて「死」を意識していたが、恩師との出会いを機に道が拓けた。

■講話内容のポイント

1)宮里 大八氏のターニングポイント
・アメリカでの留学経験
・米国フェルミ国立加速器研究所:アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ近郊にある米国エネルギー省の高エネルギー物理学研究所

2)コーディネートについて
・コーディネーターとは何をする仕事だろうか?
枠に捉われることなく、相手の立場に立って見方・味方を変えるお仕事。人間の思考は時に束縛される。思い込みある時もある。そうではなくて、自由な発想、色々な見方を変えることをしている。
また、コーディネーターとは通訳者である。コーディネーターとして、固定概念に捉われない
私、一人の考えだと小さくなってしまう。色々な世代の人と交流する。固定概念は大人が生みやすい。自分の子どもからアイディアをもらったりする。やってみると何とかできる。出来ない理由を述べるのは大人だけ(笑)

3)沖縄を変える若者の取り組み(人材育成の取り組み)
・コーディネーターのお仕事としては、琉球大学での産学官連携や地域資源を活用した商品開発の紹介があった。また、沖縄を変える若者の取り組みとして、沖縄の若手起業家を支援している。

4) ラストメッセ―ジ
・行動(ムーブメント)を興すには「〇〇〇」になれるリーダーとして「フォロワー」が必要
・moonshotとは;ムーンショットとは、未来から逆算して立てられた、斬新な困難だが実現すれば大きなインパクトをもたらす「壮大な課題、挑戦」を意味する。

<気づき>

・同年代で起業している人いて驚いた。
・とても面白い人生を送っているなと思った・
・人って目的があれば頑張れるんだと思った。
・一人の行動から何事もはじまっていくんだと思った。
・大八さん自身への子どもに対して育て方もいいと思った。
・色々なことに全力で取り組んでいるダイヤさんすごい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です