グッジョブニュース!!
HOME >  グッジョブニュース!! > 金沢研修(1日目)
2018.10.15の記事

金沢研修(1日目)

日にち:2018年9月3日(月)~9月5日(金)
目的:グローカル育成事業における三つのテーマである「福祉」「観光」「IT」に先駆的に取り組むまちである金沢で各分野の先進事例に触れ、視野を広げる。また、研修終了後は、浦添市にどう貢献できるか考える機会とする。各分野のチームの団結力と、全体のチームワークを高める。

1日目

●9:40 那覇空港で出発式とチェックイン!とミートでメンバー同士の親交を深める。
全員の出席確認、旅行会社からの金沢研修の注意事項などを説明した。また、今回の研修では、13名のメンバーが団結力を深めるのを目的としているため、簡単なワークショップも実施した。ミートといって、一人ひとりの名前が書かれた紙を見えないよう、メンバーの名前の書かれた紙をくじのようにひく。ひいた名前の人に対して、3日間の研修で親切なことをするというものだ。メンバー同士、誰と誰がミートかわからない。誰が自分のミートだったのかは、3日目の最終日に全員で発表することになった。


●15時~17時 金沢工業大学への視察
 小松空港に着き、そのまま視察先の学校法人金沢工業大学へ向かいました。
プロジェクト教育センターの竹内さんから下記の内容をポイントに講話を聴かせて頂きました。
・学習すること、社会人になること、仕事をするって?
・何のために仕事をするの?
・グローカルのメンバーも「ひと、社会」と繋がろうとしている。
・金沢工業大学でもグローカルでも「ものづくり」「ことづくり」の本質をしようとしている。
・金沢工業大学では、大学生が市と連携して地域でプロジェクトを実践している。実践を通して、市民の声をひろい、紡ぎ、提案することを学生は大切にして活動している。
その他、学生ステーション、LAB、夢工房など、学生インターン生や学生の取り組みについても伺うことが出来ました。金沢工業大学の竹内様はじめ、学生の方々、ありがとうございました。



■学生たちの声
 ・初めて工業系の大学へ行った。色々な機械があるのを見ることができて、とても新鮮だった。機会に囲まれる学生生活も楽しそうだと思った。竹内さんのお話では、お話では、人生でずっと学ぶべきだということや、自ら動いて人と繋がることの大切さなどを教えてくれた。コミュニケーション能力を求められるとも言っていたので、コミュニケーション能力を高めたいと思った。
 また、よくよく考えると浦添市には大学がないので、将来的にはできるといいなと思う。浦添市も金沢工業大学のように「学びをすぐに人に伝えられる」ような仕組みが出来るといいと思った。

・金沢工業大学に行って、竹内さんの話を聞いて、私が今している活動などは、将来、受験などの時に、大きな強みになると知りました。地域の人とつながることや、地域の発展には、コミュニケーションと自主性、チームワークなど、多くの力が必要だということがわかり、もっと能力をつけようと思いました。
浦添市では、今、観光の面であまり発展していないので、もっと活気よくするために、私たちがプロジェクトを企画したり、アイディアを出しあって、よりよいアイディアに繋げて、浦添市を観光客が来るようなところにしたいです。

・自分達が今、興味を持って取り組んでいるGLIPUの活動自体が、他の高校生と比べてアドヴァンテージとなるもので、強みになるというのが嬉しかった。自分がやりたくてしていることが、受験の面接のときに、武器にになるのは良いなと思った。